横浜市神奈川区は、都心、横浜などへの交通が便利で、古くから住宅地として繁栄してきた地域です。そこで総合病院の役割はもちろん、リハビリ施設、将来は療養型施設を整え、都心から離れていない地域でのトータル医療を提供するべく、努力を続けている当院。一次二次救急とともに地域医療を目指し、各科における特殊外来の充実を図るほか、結石破砕装置、スパイラルCTなどの高度な設備を備え先端技術の提供をします。また、内科、整形外科、リハビリテーション科、老人病棟を有する大口病院を併設しPT、OT、STと専門職をそろえ社会への復帰に向け、機能回復訓練を行っています。








 当院の看護方針は個別性のある看護の実践です。患者さんの生活環境や背景を把握し、何を一番望んでいるかを見つけ出せる看護師を目指すため、入職3年目までの段階に応じたプログラムを用意し、各プログラムには意欲や段階に応じて積極的な支援体制が設けられています。
 1年目ではスタッフナースとしての自立を目指します。2年目ではチームメンバーの役割を果たし、リーダーの補佐ができることを目指し、3年目研修ではリーダーシップを発揮する力を養います。
 そしてこれらの研修を通して、看護観を育み看護の本質を理解し全人的な看護を提供できる、そして地域と共に温かな思いやりをもてるナースを育てます。さらに3年目以降は自分自身の目標を設定し、積極的に院外研修に参加し、研鑽が行えるシステムになっています。



 新人教育は集合教育と現場教育の2本柱で行い、入職3年目までに基本的な看護をしっかり身につけられるようプログラムを組んでおります。



 1年間を通して先輩看護師の指導を受けながら計画的、段階的に知識・技術を習得し、スタッフナースとして自立するよう。
 1年目ナースの目標は「先輩ナースの指導を受けながら、スタッフナースとして自立すること」です。
専門職として新人ナースが最初から現場で患者さまのケアを的確に行いプランニングを行うことが
難しいので短期間での詰め込みをせずに入職1年間をオリエンテーション期間として設け、しっかりと
看護観や知識技術が自立していくという育成方針に基づいたものです。



 教育委員会との連携を核に医療安全・院内感染防止対策・褥瘡防止対策など様々な委員会活動を盛り込んだ研修プログラムになっています。
 各委員会も活動を盛んに展開しており、1ヵ月に1回、2ヵ月に1回の定例会の他、外部からの講師を招いての勉強会を実施するなど質の高いケアを目指しています。また、研修プログラムの後半の症例研究も院外の看護研究会や看護学会で発表しています。



 看護職員が専門職業人としての意識を高め、責任を持ってチームの一員としての役割を遂行できるよう、コース別の研修を通しながら自分の課題を明らかにすることを目標としています。
 みなさんのレベルに合ったランクを選択できます。新人のみなさんはAランクからバックアップいたします。
A 病院の組織機構目標を理解し、組織の一員であることを自覚し、自己の役割を認識する。
B チームメンバーとして積極的に看護実践ができる。
C チームリーダーとしてメンバーへ働きかけて日常業務が遂行できる。
D リーダーシップが発揮できる
E リーダーシップ能力の向上と開発を目的とした行動がとれる。
  コース 対象 ねらい テーマ・内容
4月 卒後研修 A 新人が持っている社会・仕事・現場の環境に対する不安を和らげ、学習や看護に対する心構えができる 合同オリエンテーション・各部署におけるOJT
5月 院内研修 A〜E 感染症における最近の動向とその対策方法を理解する 1.院内の感染症発生状況に関心がもてる
2.感染経路別予防法を理解し実施できる
医療安全についての基礎知識を理解できる 救急蘇生の講義・実践
6月 卒後研修 A 各所属部署に順応できる 1.患者およびスタッフとのコミュニケーションがとれる
2.各業務の流れを理解し、行動がとれる
8月 卒後研修 B チームメンバーとして積極的な看護実践ができる 1.患者の状態に応じた看護ができる
2.チームメンバーの役割を果たし、リーダーに協力できる
9月 院内研修 A〜E 最新の褥瘡治療を理解する 褥瘡に関する基礎知識がわかる
卒後研修 C 自己の課題を明らかにし、チームリーダーとして行動できる 適切な看護が患者に提供できるよう、業務の調整ができる
1.日頃の看護活動を通して、自分の傾向がわかる
2.自分の役割と課題を見出せる
10月 院内研修 A〜E 冬期に多い感染症について理解する 冬期に発生する感染症とその予防法および対策を知る
卒後研修 A 症状および疾患に応じた基礎的看護ができる 1.日頃の看護活動の中から、学びが得られる
2.患者およびスタッフとの関わりから自己の傾向がわかる
部内研修 A〜E 研究活動および発表を通して日頃の看護を考える 看護研究発表
11月 卒後研修 D 自己評価をもとに、継続的学習ができる 1.卒後到達目標にそって評価できる
2.自己成長の方向性を考えることができる
部内研修 A〜E 研究活動および発表を通して日頃の看護を考える 看護研究発表
12月 院内研修 A〜E 医療安全活動に参加できる 院内における医療安全活動を知り、各部署において協力できる
部内研修 A〜E 研究活動および発表を通して日頃の看護を考える 看護研究発表
2月 卒後研修 B 2年間を振り返り各部署における自分の課題がわかる 日常業務ができているかを確認し、リーダーとの連携の必要性が理解できる
1.卒後教育到達目標にそって、評価ができる
2.今後の目標とその達成方法を明らかにする
3月 卒後研修 A 1年間を振り返り自己の役割と課題を認識する 看護(技術)・業務・コミュニケーションから自分の課題を見いだす
1.卒後教育到達目標にそって、評価ができる
2.今後の目標とその達成方法を明らかにする
 



 当院の看護方針は、個別性のある看護の実践です。患者さんの生活環境・背景を把握し、何を1番望んでいるかを見つけ出せるナースになって欲しい。そのため、誰もが意見を言いやすい雰囲気をつくっていますそれは、和気あいあいとした和やかさだけでなく、スタッフ同士のコミュニケーションが取れているということ。ナースとして、自分の言葉で自分の意志を伝えることはとても大切なことです。スタッフ一人ひとりが思いを伝えることができる環境づくり。私たちはそれを心がけています。



 密度の高い医療を24時間提供するには患者さまへのケアの質的向上は欠かせません。7:1入院基本料をとり、チーム機能を強化することで患者さまに必要な看護をきちんと提供できる体制が整い、さらに新人ナースの教育体制への充実が図れるようになっています。



 二交替制は質の高い看護を実践するため平成13年より導入しており、患者さまのケアの必要性が高い
時間帯に情報を共有したスタッフによって継続した適切なケアが実践できる、一方看護師自身のライフ
サイクルにもよりゆとりが生まれています。


●アットホームであることの大切さ 
 地域の中に根ざし、地域の方々に愛され、信頼される病院として、また急性期を担う病院として、さらに患者さんが安心して過ごせるように、私たちは常により良い看護を追求しています。その中で看護師は患者さん、医師、他部門のスタッフと連携をとり、質の高い看護を実践していかなければなりません。そのためには自分の意志を持つこと、問題意識を持ってケアをすることです。プロの看護師として意見を持ち、患者さんやスタッフとコミュニケーションを取り、患者さんにより良いケアを実践していく。そんな看護師であってほしいですね。
 アットホームであること。それは当院の魅力です。新人の意見も聞き入れ、何でも言い合える気風がある、それはとても大切なことです。その人の声に耳を傾け、自分の意見を言う、そうすることでお互いを理解していくのではないでしょうか。悩みやつらいことは何でも先輩に言ってください。それを受け止める力を持つ先輩が当院にはたくさんいます。
田中サエ子 看護部長

●患者さんの心地よい環境づくりのために 
 入職して3〜5年間は看護師にとって、とても重要な期間です。ここでしっかり看護師としての基礎を学べるような教育プログラムを作るとともに、新人看護師にとって大切な指導者の育成にも力を入れています。臨床指導者の育成もその一つです。



 林 穣二
 手術室勤務
 (高知県出身)


●時間をかけて学べる環境の中で、知識と技術を磨く
 手術室は、患者さんとの関わりが少ないのが現状です。だからこそ、術前に不安になっている患者さんへの対応が重要になります。病棟とは違い、患者さんとの関わりが少ないからこそ、リピーターの患者さんや術後の患者さんにいただいたお言葉は大変嬉しいものです。手術室では独特の緊張感がありますが、スタッフと仕事以外の交流も深く仲が良いので、わからないことは躊躇することなく聞ける関係です。機会の名前からオペの流れまで、時間をかけて教育してもらえたことが、自分の今の技術に結びついていると思います。今よりさらに知識や技術を磨き、判断力・決断力が欠かせない手術室で、ベストな選択を瞬時に判断できるような看護師を目指しています。

●看護技術だけでなく、人間性も学んでいます
 勉強してきた内容はきちんと目を通し、がんばりを認めてくれたうえで足りないところを指摘してくれる先輩たち。悩んでいる事や困っている事をみんなで共有しながら、より良い方向に導いてくれる同期の仲間たち。みんなが私を支えてくれています。
 同期全員が集まる全体研修では、自分の看護を振り返りながら技術を再確認することができました。さらに同期みんなの話を聞くと、私と同じような悩みを抱えている事を知り、「一緒にがんばろう!」と前向きな気持ちになれました。看護師として成長でき、人間としても成長できる環境なので、本当にこの病院を選んで良かったと思いますね。

余湖 香織
外科・整形外科勤務
(新潟県出身)